納得の一台がきっと見つかる! はじめてのデジタルピアノの選び

納得の一台がきっと見つかる! はじめてのデジタルピアノの選び

あなたにぴったりのデジタルピアノは?

デジタルピアノといっても種類はいろいろ。ましてや、はじめてのデジタルピアノならどれを選んだら良いのか、迷ってしまいますよね。
そこで、購入する際にチェックしたい「音」「鍵盤タッチ」「デザイン」「多彩な機能/特長」についてわかりやすく解説します。
さらに、アコースティックピアノとはひと味違うデジタルピアノならではの楽しく便利な機能の数々もご紹介。
これさえ読めば、あなたも納得のいく一台にきっと出会えるはずです。

POINT 1 SOUND 音 まずは「音」を聞いてみよう! デジタルピアノの音は、機種によって違いがあります。「いい音」を見分けるには、こんなところに注意して!

高い音と低い音の、音質の違いをチェック!

ピアノは弾く鍵盤の位置によって音質が異なります。お店で弾き比べるときには、中音域だけでなく高い音や低い音を弾くのも忘れずに。短めに弾いたり、長く鍵盤を押さえるなど、いろいろ試してみましょう。

豊かで自然な音の響き、余韻の美しさも大切!

グランドピアノは、弾いていない複数の弦やボディなども共鳴し合うことで、豊かで深みのある「響き」を生み出します。デジタルピアノにおいても、音の響き方は要チェック。単音を弾いた場合と和音を弾いた場合など、しっかり聴き比べてみましょう。

強く弾いたり、弱く弾いたりしてみよう

ピアノの演奏では、音の強弱による表現がとても重要です。そこで、弾き比べるときは強く弾いたり、そっと鍵盤を押さえたりして、音色の変化の幅を確認。幅があるほど表現力の豊かな機種といえます。

音のチェックは、イスに座りながら!

デジタルピアノの音は、イスに座って演奏した時に最も良い状態で聞こえるよう調整されています。お店で音をチェックする時も、きちんとイスに座って弾きましょう。

音の出口、スピーカーもチェック!

オーディオ機器を選ぶような感覚で、デジタルピアノも音の出口であるスピーカーをしっかりとチェックしましょう。左右に2つずつのスピーカーを搭載した「2ウェイ4スピーカー」や、左右に3つずつのスピーカーを搭載した「2ウェイ6スピーカー」採用の機種なら、より広い音域をバランス良くカバーします。また、スピーカーには楕円タイプと正円タイプがありますが、正円に近い方がより素直で豊かな広がりのある音を鳴らすことができると言われています。

伸びやかな響きを生み出す「天板開閉構造」

グランドピアノでは大屋根を開閉することで音量や音質が変化します。カシオデジタルピアノ(AP-700、AP-460)では、天板を開閉できる構造により、豊かで広がりのある音で演奏できます。

マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源

(セルヴィアーノシリーズ、プリヴィアシリーズに搭載) ※AP-700は除く

「マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源」では、グランドピアノならではの弦の共鳴音による「響き」を徹底追求。弾き方の違いや時間経過による響きの変化までもシミュレートしています。

イメージ図

AiR Grand音源

(セルヴィアーノ AP-700に搭載)

マルチ・ディメンショナル・モーフィング技術を駆使し、世界中で敬愛されている3つのピアノの音を徹底的に研究・分析して、3つのグランドピアノ音色として表現。88鍵盤それぞれにフィットした響きを生み出す弦共鳴システムとともに、豊かで心地良い演奏を可能にしています。

AiR Grand音源が叶えた、3つのピアノの音色

POINT 2 Touch 鍵盤タッチ 「鍵盤タッチ」をチェック! 音と同様に、鍵盤の弾き心地も大切なポイント。 いい鍵盤は、表現力豊かな演奏に欠かせません。

キーワードは「ハンマーアクション」

ほとんどのデジタルピアノは、グランドピアノの鍵盤機構を応用した「ハンマーアクション鍵盤」を採用しています。しかし、同じハンマーアクションでも、ハンマーの重さのみで自然な感触を実現しているタイプと、バネを併用しているタイプがあります。バネを併用しているタイプには、バネで無理に重さを作り出しているため、タッチ感が犠牲になっている場合も…。選ぶなら、繊細な表現ができるハンマーの重さのみのタイプが、やっぱりおすすめ!

鍵盤ごとの重さや発音タイミングの違いも確認して

鍵盤タッチが重いほどグランドピアノに近く、良い鍵盤であるというわけではありません。グランドピアノは、ほんの軽いタッチでも音が鳴りますし、力強く弾けば大きな音が響きます。大切なのは、タッチの加減に応じて演奏者がイメージする音が表現できることです。また、グランドピアノの鍵盤は、低音部にいくほど重量感があり、高音部ほど軽やかになるという特質があるため、その点に関しては意識して確かめてみるのが良いでしょう。さらに、グランドピアノは音域ごとに弦を叩くハンマーの大きさに違いがあるため、音域によって発音タイミングが微妙に異なります。弾いてみて心地よいタイミングのものを選びましょう。

同じ音を連打してみましょう!

同じ音を連続して弾いたときの反応の良さ(同音連打性)も、優れた鍵盤の条件です。同音連打性に優れた機種なら、上達してからも安心。実際に弾いてチェックする際には、同じ鍵盤を連続して弾いて、音の鳴り具合や弾きやすさを確認しましょう。

鍵盤の素材も要チェック!

デジタルピアノの鍵盤には、ツヤ消しタイプ、象牙調・黒檀調のものがあります。グランドピアノならではの高級感あふれる風合いと質感、なめらかな手触りを感じさせる象牙調・黒檀調鍵盤は、表面の微細な凹凸が汗による滑りを抑え、指先にしっくりなじんで心地よく弾けます。

カシオの「鍵盤」

3センサースケーリング ハンマーアクション鍵盤Ⅱ

グランドピアノと同様に、ハンマーの自重によるアクション機構で、しっかりとした重さと自然な感触を両立しています。さらに、3つのセンサーが順番に打鍵を感知するシステムを採用。鍵盤を押して発音するまでの時間が、打鍵の速さに応じて変化するため、より表現力豊かに演奏できます。同音連打の演奏性、低音域ほど重く、高音域ほど軽くなるグランドピアノの特性も再現しています。

グランドピアノの鍵盤アクションに合わせた3つのセンサーを搭載

グランドピアノの発音タイミングを追求した「ハンマーレスポンス」

グランドピアノは音域ごとにハンマーの大きさが違うので、弾く鍵盤によって音の出るタイミングが微妙に異なります。こうした違いまでも再現しているのがカシオのデジタルピアノです。

グランドピアノの発音タイミングを追求した「ハンマーレスポンス」

グランドピアノは音域ごとにハンマーの大きさが違うので、弾く鍵盤によって音の出るタイミングが微妙に異なります。こうした違いまでも再現しているのがカシオのデジタルピアノです。

カシオの「鍵盤」

3センサースケーリング ハンマーアクション鍵盤Ⅱ

グランドピアノと同様に、ハンマーの自重によるアクション機構で、しっかりとした重さと自然な感触を両立しています。さらに、3つのセンサーが順番に打鍵を感知するシステムを採用。鍵盤を押して発音するまでの時間が、打鍵の速さに応じて変化するため、より表現力豊かに演奏できます。同音連打の演奏性、低音域ほど重く、高音域ほど軽くなるグランドピアノの特性も再現しています。

グランドピアノの鍵盤アクションに合わせた3つのセンサーを搭載

POINT 3 Design デザイン デザインにもこだわりたい! フォルムの好みはもちろん、置くスペースや インテリアとの相性も考えて選びましょう。

ピアノらしさで選ぶなら重厚感あふれるキャビネットタイプ

デザインにもピアノらしい風格と重厚さを求めるなら、キャビネットタイプがおすすめ。さらに、安定感のあるボディ構造や、豊かな音の響きも魅力です。

おしゃれでコンパクトな、スタイリッシュタイプ

スペースの問題は、やはり日本の住宅事情を考えると悩みの種。その点、スタイリッシュタイプなら、省スペース&軽量なので場所をとらず移動もカンタン。先進性のあるデザインも魅力です。スタンドを使わずにテーブルなどに置いて弾ける機種もあります。

カラーも重要なポイント

デジタルピアノを選ぶ際は、お部屋との相性も大切です。置く場所をイメージしながら、お部屋のデザインに合った色を選びましょう。

マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源

カシオのスタイリッシュタイプ、プリヴィアは奥行きわずか30センチ以下。A4用紙の縦の長さとほとんど同じサイズしかありません。みんなが集まるリビングはもちろん、このサイズなら子供部屋にもぴったりです。

POINT 4 Feature 多彩な機能/特長 こんなポイントにも注目! デジタルピアノは、調律不要で手間も費用もかかりません。 レッスンに役立つ機能などが充実していることも、多くの人から選ばれる理由になっています。

内蔵曲で楽しくレッスン!

デジタルピアノならではの特長である内蔵曲。観賞用として楽しんだり、内蔵曲の右手または左手パートのメロディーを消し、自分で弾いてレッスンすることもできます。また、カシオはデジタルピアノとして唯一、オーケストラの生演奏データも内蔵しています。ピアニストになった気分で、オーケストラとの共演も楽しめます。

二人いっしょに練習できる!

鍵盤の中央から右側と左側で同じ音域に設定できるデュエット機能を内蔵した機種なら、親子や先生と生徒など、2人でお互いの音を聴きながら練習できます。

オーケストラをバックに演奏できるコンサートプレイ

オーケストラとピアノのアンサンブルを実現するコンサートプレイ機能。収録したオーケストラの臨場感ある生演奏をバックに弾くことで、まるで共演しているような気分を味わえます。

※AP-700、AP-460、AP-260、PX-860、PX-760に搭載

イスだって大切!

ピアノは正しい姿勢で練習することが大切です。弾く人のちょうど良い高さに調節できるイスなら、正しい姿勢で心地良く演奏できます。特にお子様には、成長に合わせて高さを調節できる高低自在イスがおすすめです。

*AP-700、AP-460は高低自在イス付属。AP-260は高さ固定イス付属。プリヴィアシリーズはイス別売り。

選ぶなら カシオのデジタルピアノがおすすめ! カシオのデジタルピアノには、先進技術が活かされています。

電卓・時計・デジタルカメラなど、様々なデジタル製品を世に送り出しているカシオは、35年以上の歴史を持つ、デジタル楽器メーカーでもあります。高いピアノ性能と優れたコストパフォーマンスを備えたデジタルピアノは世界中で愛用され、多くの人々の『弾きたい』気持ちを応援しています。

3年保証 カシオ CELVIANOなら安心の3年保証 「セルヴィアーノ」シリーズは、安心してお使いいただくために3年保証を採用。末永くご愛用いただきたいという想いと、製品への自信を形にしたサービスです。 ※「プリヴィア」シリーズは、1年保証です。