CASIOのプロジェクターは、2010年からすべて水銀ゼロです。

2017年8月16日、水銀から人の健康および環境を保護する国際条約「水俣条約」が発効されました。プロジェクターはまだ対象外とはいえ、世界が大きく水銀ゼロへと動いた記念すべき日です。

CASIOは、世界に先駆けて2010年からすべてのプロジェクターで水銀ゼロを達成。環境性、経済性、操作性に優れた「レーザー&LEDハイブリッド光源」のプロジェクターを独自に進化させています。

水銀を使わない、廃棄物を出さない。その思いを胸に、CASIOは次世代プロジェクターのパイオニアとして、これからも世界の最先端を走り続けます。

2010 初代水銀フリープロジェクター

水俣条約とは

水銀を使わないこと。運ばないこと。
そして適切に管理すること。

水俣条約とは「水銀およびその化合物の人為的な排出および放出から人の健康と環境を保護することを目的とし、水銀の採掘から貿易、使用、排出、放出、廃棄に至るライフサイクル全体を包括的に規制する国際条約」です。対象は、一般照明用直管蛍光ランプや高圧水銀ランプなど。2013年に採択、締結国が50カ国に達したのを機に2017年8月16日に発効されました。現在では、74カ国もの国々が締結しています。

条約の主な内容

  • ◎水銀の国際貿易(輸出入)の原則禁止
  • ◎水銀を使った体温計、電池、血圧計、水銀を一定量以上使用した蛍光灯などの製造、輸出入を2020年までに原則禁止
  • ◎大気や水、土壌への水銀排出の削減
  • ◎水銀、水銀化合物、水銀廃棄物などの適切な保管と廃棄 など

現在の締結国 2017年9月6日現在

United States of America / Djibouti / Guyana / Monaco / Uruguay / Gabon / Guinea / Nicaragua / Lesotho / United Arab Emirates / Madagascar / Seychelles / Mauritania / Chad / Samoa / Mongolia / Mexico / Panama / Jordan / Kuwait / Peru / Bolivia (Plurinational State of) / Japan / Senegal / Zambia / Switzerland / Mali / Botswana / Ecuador / China / Swaziland / Antigua and Barbuda / Sierra Leone / Benin / Gambia / Costa Rica / Liechtenstein / Togo / Honduras / Ghana / Canada / Burkina Faso / Afghanistan / Norway / Bulgaria / Denmark / European Union / Hungary / Malta / Netherlands / Romania / Sweden / Saint Kitts and Nevis / Slovakia / Finland / Niger / Austria / France / Iran (Islamic Republic of) / Czech Republic / Sri Lanka / El Salvador / Latvia / Moldova (Republic of) / Estonia / Palau / Thailand / Slovenia / Viet Nam / Rwanda / Jamaica / Syrian Arab Republic / Kiribati / Brazil / Namibia

CASIOの進化の軌跡

2010年から、CASIOのプロジェクターはすべて水銀ゼロへ。

人や、社会や、自然、そして未来のことを想うと、プロジェクターはもっとクリーンになるべきだとCASIOは考えました。 有害な廃棄物をもたらす水銀ランプを使わないで、明るくて環境にやさしいプロジェクターをゼロから創造すること。CASIOは自らに高いハードルを課し、数えきれない試行錯誤を繰り返しながら2010年、世界に先駆けてレーザー&LEDハイブリッド光源を開発。光源には水銀ランプを使うことが当たり前とされていた当時の常識を覆し、環境性能、経済性、機能性を高いレベルで実現させた水銀ゼロプロジェクターを世に送り出したのです。
世界のプロジェクターの最先端へ。 CASIOはこれからも、 サステナビリティを追求し社会に貢献していきます。

CASIO 歴代の水銀ゼロプロジェクター

  • 2010
    水銀ゼロ高輝度プロジェクターを発売
  • 2014
    超短焦点モデルを発売
  • 2015
    XJ-V1を発売
  • 2016
    アドバンスドモデルを発売
  • 2017
    4K Ultra HDモデルを発売

テクノロジー

CASIOの「レーザー&LEDハイブリッド光源」には水銀ランプにはないメリットがあります。

CASIOのプロジェクターに使用されている「レーザー&LEDハイブリッド光源」には、環境への配慮はもちろん、経済性や操作性においても、高圧水銀ランプにはできないさまざまなメリットがあります。

  • 最短5秒投映

    • すぐに点いて
    • すぐに消せる
  • 長寿命光源

    • ランプ交換不要
    • 手間もコストも削減
  • 防塵設計

    • さまざまな環境での
      トラブルを軽減

これを可能にしたのが、高輝度の青色レーザーと赤色LEDを融合させたCASIO独自の光学エンジンです。高い投映効率を実現する優れた省電力技術と光学ブロックの最適化により、高圧水銀ランプ方式や他の半導体光源に比べて少ない消費電力で明るい投映が可能。さらに、自由度の高い設計レイアウトと独自の高密度実装技術により、製品サイズのコンパクト化を実現。プロジェクターの次世代基準を確立すべく、独自の進化を続けています。

レーザー&LEDハイブリッド光源のしくみ