THE SPECIAL ONE - CASIO CALCULATOR S100

ご利用者の声

vol.01 鈴木智也さん STORIES合同会社・STORIES INTERNATIONAL INC 代表

vol.01

鈴木智也さん

STORIES合同会社
STORIES INTERNATIONAL INC 代表

高品質なものを
使用することで、
時間を有効に
活用できる

仕事で使うアイテムへのこだわりは?

私が会社経営・プロジェクト実施様々な業務を同時に行う立場として、大切にしているのは時間の使い方です。
仕事上、使う機材やアイテムについては、できるだけスペックの高いものを使用することで、結果として時間が最も活用できると実体験から考えています。
例えばカメラやレンズもそうですし、編集をする際のPC、日々業務に使用するスマホなど、多少価格が高くても結果として長く使えたり、ミスなく最短時間で処理できるので、品質が良いものをという基準で選んでいます。

電卓はどのような場面で使用し、どういったものを求めますか?

会社経営をしていく上で、損益計算書や事業計画、そして見積制作など計数管理は欠かせません。 これは私が新人時代からの習慣にしていることですが、必ず紙に印刷して、電卓で検算をしています。表計算ソフトを鵜吞みにすると人為的なミスで計算式が外れていたり、税率が過去のものだったりということが良くあります。
従って、これらの計数管理には古いかもしれませんが、紙で印刷、電卓で検算を徹底しています。また日米にオフィスがあり、ビジネスをしていますので、マルチ換算機能も頻繁に使用しています。
ちなみに社会人になって初めて使った実務電卓がCASIOの電卓で当時でも1万円以上したと思いますが、非常に使いやすくて、今でもアメリカのオフィスで使用しています。当時は滅茶苦茶高いなぁと思いましたが、結果として20年使っているので、とても良い買い物でしたし、このことも品質の良いものをというポリシーを持つに至った理由の一つでもあります。

S100を実際に使用した感想をお聞かせください。

やはり使い慣れたCASIOの配列であることもありますが、押し間違いやキーの引っ掛かりがないので、とても打ちやすいです。またサイズが実務電卓としてはコンパクトなのも、机の上で様々な書類やPCを置きながら作業するのに、最適だと感じています。物としての質感やデザイン性も高く、ディテールへのこだわりについても満足感の高いアイテムです。 個人的にガジェットも好きなので、様々なアイテムを持っていますが、このS100は、使う度に、「さぁやるぞ」という気分にさせてもらえる悦びがあります。

Profile

鈴木 智也(すずき ともや)

STORIES合同会社 / STORIES INTERNATIONAL, INC. CEO

博報堂・博報堂 DYメディアパートナーズ メディア環境研究所を経て、2011 年博報堂 DY ・セガなどの出資で STORIES®を設立、CEO 就任。STORIESは東京、LAにオフィスを持ちSpikes Asia など受賞をしたSUBARU Your story withキャンペーンなどブランデッド・エンタテインメント、CM、イベント等50本以上をプロデュース。現在は Marc Plat(La La Land)をパートナーに“SHINOBI”等を共同開発するプロデューサーとしてハリウッド映画を企画開発進行中。USC映画大学院プロデューサー学科卒業。2017年カンヌライオンズ・エンタメ部門審査員 The Art of Branded Entertainment (2018:米英で出版、共著)

HOME
STYLE & QUALITY
DESIGN & TECHNOLOGY
USER'S VOICE
FIND A STORE