THE SPECIAL ONE - CASIO CALCULATOR S100

ご利用者の声

vol.11 森井良行さん

vol.11

森井良行さん

一般社団法人 服のコンサルタント協会 代表理事

お客様がなりたい人物像を支える
主役の「キーアイテム」。

仕事で使うアイテムへのこだわりは?

僕の職業は、一般のお客様のファッションを“エレガントカジュアル”でワンランクアップさせる服のコンサルタントです。
僕は、必要最小限の良いものを一つ持つことにこだわりを持っており、お客様にもご提案しています。余分なストックは極力減らし、その代わり、アイテムを選ぶときは理想のものが見つかるまで、さまざまなブランドのものを試して、これだというものが見つかるまで探し続けます。それを、主役の「キーアイテム」としてコーディネートします。
また、ファッションはコミュニケーションの1つと考えているので、他の方に気付いてもらい、話のきっかけになるような遊び心のある差し色や小物をワンポイント取り入れることもこだわりです。


電卓はどのような場面で使用しますか?

個人経営者なので、売上げや経費の管理などの計算で使用します。
やはり服だけでなく、ボールペンなどの小物のアイテムを選ぶ際も、自分を演出する要素のひとつだと考えるので、機能性だけではなく、デザイン性も重視します。
また長時間使用することも考慮して、液晶表示が見やすくて、指でのタッチ感がよく、疲れないものが理想です。

S100を実際に使用した感想をお聞かせください。

今まで使っていたものに比べると、押し心地がとても軽いです。また液晶画面は、どの角度から数字を見ても確認しやすいです。何より背面の樹脂製のストッパーのおかげで使用時に電卓がずれないのがとても良いです。
また、僕はブラックを使用していますが、ブラックで統一されながらも、イエローなどの差し色が美しく、電卓の領域から出たスマートフォンやPCなどのガジェットのようなたたずまいを感じます。
僕のコンサルティングは、ファッションだけでなく、人物軸で考えますので、この電卓がどんな方に似合いそうかも同時に考えます。ファッション誌などはアイテム単位のコーディネート提案が多いのですが、僕は一人ひとりからどんな悩みがあるかをヒヤリングして、なりたい人物像をトータルで提案します。ファッションの軸にしたい「キーアイテム」を見つけ出し、それを支える「サポートアイテム」との掛け算によって、お客様の印象の世界観に奥行きが出ます。
S100は、ご職業によってはキーになるアイテムになると思います。例えば、よくお客様の前で電卓を使用する、税理士や自動車のディーラーの方でしたら、通常の電卓より高級感があり、エレガントかつ信頼感のある人物の演出ができるように思います。
機会があったらキーアイテムとして紹介したいですね。

Profile

森井 良行(もりい よしゆき)

一般社団法人 服のコンサルタント協会代表理事

20代後半から40代の男性のファッションを「エレガントカジュアル」でワンランクアップさせる「服のコンサルタント」。 街のセレクトショップを歩き、顧客に試着を繰り返してもらいながら、その人に最も似合う服を探していく独自の「買い物同行」は9割以上の高い満足度を誇る。
著書に『38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)等。

ツイッター:@elegant_casual

HOME
STYLE & QUALITY
DESIGN & TECHNOLOGY
USER'S VOICE
FIND A STORE