1. HOME
  2. 店舗運営応援コラム
  3. アプリを使ってレジ締めの効率化~ECR+なら外出先から売上データの分析もできる

店舗運営応援コラム

【アプリを使ってレジ締めの効率化】ECR+なら外出先から売上データの分析もできる

「【アプリを使ってレジ締めの効率化】ECR+なら外出先から売上データの分析もできる」について、ブルレジによる活用イメージを動画でご紹介します。
詳細の活用方法につきましては、以下のコラムもあわせてご参照ください。

飲食店、小売店のオーナー・店長など責任者の方なら「手作業のレジ締めから解放されたい」「スピーディに閉店業務を行いコスト削減につなげたい」などの悩みは尽きないのではないでしょうか。
そんなときは、ブルレジアプリ「CASIO ECR+」を利用してレジ締めを劇的に効率化しましょう。

CASIO ECR+を使えばスマホで精算処理が可能なため、面倒な手書き集計なしにレジ締めを完了できます。また、レジ締め後の精算データは自動でアプリに集計されるので、報告文書やメール無しで、当日の売上データをスマホから簡単に確認できます。

CASIO ECR+ならレジ締め作業の効率化だけでなく、アプリで売上データの分析も可能です。今回はそんなCASIO ECR+の活用方法についてご説明いたします。

1ブルレジを使ってレジ締め作業をスムーズに

CASIO ECR+を使えば、スマホで売上データを確認できるようになり、日々のレジ締め作業がスムーズになります。

また、スマホによるリモート操作でレジの点検作業および精算作業が行えます。それぞれレジにスマホを近づけて指示を送ると、いつでも必要な時に処理が可能です。さらに、データは自動でアプリに転送されるため、手元のスマホから当日の売上はもちろんのこと、過去のデータとの比較も簡単にできます。

加えて、過去のデータも自動集計により確認できるため、手作業の売上集計に割かれていた時間や労力がなくなり、オーナーや店長は集計にかかっていた時間を経営計画や販売戦略を練るための時間などにさけるようになります。

野村総合研究所のアンケート調査では、従来の手作業のレジ締めでは、レジ1台あたり25分、1お店あたり153分かかっているという結果がでています。

それをもとに試算してみると、CASIO ECR+を使えば、下記のようなコスト削減が可能となります。

【レジ2台、アルバイトの時給が985円の場合】
 ・2台レジ締め50分(25分×2台)
 ・1日820円のアルバイト時給コスト削減(時給985円×50分)
CASIO ECR+を使えば→1ヶ月(30日)累計2万4,600円、 年間約30万円のコスト削減

1日あたりは800円程度のコスト削減でも、年間ではかなりの額になることが分かります。
ブルレジとCASIO ECR+でレジ締めにかける労力もコストも削減していきましょう。

出典:株式会社野村総合研究所 調査資料 経済産業省HP「平成29年度産業経済研究委託事業 キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識」より

2ブルレジアプリ「CASIO ECR+」なら外出先からスマホで売上確認が可能に

スマホでCASIO ECR+から点検・精算を行うと、売上データを外出先からも確認できます。さらに、売上レポートも自動で作成してくれます。

2-1.外出先から電子ジャーナルも確認

CASIO ECR+なら、スマホで売上履歴を確認できるため、当日の売り上げの確認、点検・精算作業担当者からの細かな報告業務、こういった作業のためにお店に行く必要がなくなります。複数のお店を持っているオーナーや店長にとって、お店へ直接確認に行かずに売上情報を把握できるメリットは大きいでしょう。

2-2.週次・月次・年次レポートが自動生成

CASIO ECR+でできるのは、売上の確認だけではありません。売上の週次・月次・年次レポートが自動で作成され、グラフで確認できます。従来であれば手作業で集計していた工数を大幅に減らすことができます。さらにレポートを元に今後の販売戦略などの検討をしてみてはいかがでしょうか。

3CASIO ECR+ Premiumにアップグレードすればさらに便利な機能も

CASIO ECR+なら、ブルレジと連動してスマホで売上確認ができることをご説明してきました。さらにECR+で蓄積したデータを活用するならCASIO ECR+ Premiumにステップアップしましょう。

CASIO ECR+ Premiumなら以下のようなデータ分析も可能になります。
 ●時間帯別売上傾向
 ●売上構成比の分析
 ●担当者別売上

これらのデータを分析することは、売上を上げるためにも重要であり、CASIO ECR+ Premiumなら、そのデータが自動で集計・分析されます。また、仕入・経費・粗利の算出をし、月別の推移を表示できる機能や、売れ筋ランキングや顧客管理も可能です。

これらのデータは、CASIO ECR+であれば売上データの閲覧期間が約2年、CASIO ECR+ Premiumであれば7年間保存が可能です。昨年以降のデータも含めて分析する場合は、CASIO ECR+ Premiumがおすすめです。

4まとめ

ブルレジとCASIO ECR+を利用すればレジ締め作業を劇的に効率化できること、売上履歴や売上レポートをスマホから確認可能になります。お店を繁盛させるために必要なデータ分析から顧客管理まで可能なCASIO ECR+ Premiumで、繁盛店を目指しましょう。

また、すでにCASIO ECR+をダウンロードされている方は、さらにCASIO ECR+ Premiumへのアップグレードをおすすめします。

コラムコンテンツ

機種選びに困ったら!操作や機能のご案内も!

まずはお気軽にご相談ください。