小型プロジェクションを実現する
カシオコアテクノロジー

カシオ独自の
レーザー&LED
ハイブリッド光源技術

高輝度の青色レーザーと、赤色LEDを組み合わせることによって実現したカシオ独自の高出力・高効率光学エンジンであるハイブリッド光源。
レーザー光源だけではできない小型化と、LED光源だけではできない高輝度化を両立し、「明るい」×「小さい」を実現しています。(関連特許取得済み)
さらにTexas Instruments社の1チップDLP®方式を採用。他の方式と比べ、1つの表示素子で映像を生み出すため、光学系の構造がシンプル。レーザー&LEDハイブリッド光源との組み合わせは「明るい」×「小さい」のベストプラクティスです。

さらに進化した
光学設計技術

今回新たに光学設計を見直すことで省スペース化を実現する技術を確立。
さらに、カシオがこれまで培ってきた独自の光学設計技術を昇華させた、独自の新規光学デバイスを採用。
これによってカシオ史上最小の光学エンジンへと進化しました。

省スペース冷却実装技術

従来機種の約半分の容積で適切な冷却性能を実現すべく、構想段階から熱処理シミュレーションを駆使し、小型プロジェクションの冷却条件の最適化を実施。10年間のノウハウと、最新のテクノロジーを融合させ、明るい光源をムダのない冷却設計で省スペース化を実現。
世界最小・最軽量の明るさ2000ルーメンでA5サイズ実現を支える技術です。

※2021年1月11日時点。ISO/IEC 21118準拠で明るさ2000lm以上のプロジェクターとして。
カシオ調べ

高密度実装&高品質管理
- Made In Japan -

レーザー&LEDハイブリッド光源は精密かつ高精度な製造技術が必要とされているため、すべて国内製造拠点である山形カシオで製造。
最新の自動化設備と人の目による徹底した投映品質検査により、世界に誇る高品質な製品を生み出すことを実現しています。

カシオコアテクノロジーを生かした商品展開

お問い合わせ・メルマガ登録